チーズの種類


一言でチーズといってもいろいろ種類があるのは皆さんご存知ですよね。


よく名前を聞くのはモッツァレラチーズやカマンベールチーズ
匂いがきつい事で有名なブルーチーズなどなど
本格的なチーズは本当にいろんな種類がありますよね。


専門店にディスプレイされているものやチーズ工房なんかを見てみてもどれも本当においしそう
そのまま食べてもいいし、料理の材料としてもいい、お酒のお供にも最適と見事に3拍子そろってますね!


あ、そうそうチーズに合うお酒といえばワインというのは一般的によく言われていることですが実は焼酎や日本酒なんかにも合うんですよ。
いやぁチーズって本当に万能ですね!


最近では通販もやっているチーズ専門店もたくさんあるので
自宅で簡単に本場の味が楽しめることと思います。

>>チーズ専門店の中でおすすめはここ!

いざ通販で買おうとしても
・チーズの種類がよくわからない
・通販で買って大丈夫なの?
・どれがおいしいの?
・知り合いにおすすめするならどれ?
などなどたくさんの疑問があることと思います。


そんな人たちの疑問を解消しながら通販でもおいしい、おすすめのチーズを紹介していきたいと思います。

 

ギフトとしてのチーズ

実はチーズはギフトにもおすすめだったりするんですよ。
普段自分で買うことが少ない人の方が多いと思うのでギフトとしてプレゼントするときっと喜ばれることでしょう。
性別を問うこともないので父の日や母の日のギフトとしてもおすすめ出来る一品です。
ワインとセットでのギフトも良いですね。
また、チーズ料理がお好きなのであれば「チーズを使った簡単レシピ」もおすすめです。
参考になるので見ているだけでも楽しいと思いますよ。
thum_gift
 


チーズは先史時代からある食べ物で、加工食品としては最古の歴史を持っているそうです。
そんなに昔から加工の技術があったことがおどろきですね^^;
発祥の地がどこなのか決定的な証拠がなく、ヨーロッパや中央アジア、中東と定まっていないが
紀元前3100年頃にサハラの牧草地帯で酪農が行われていたという証拠はあるみたいです。
外国の歴史からさかのぼるととてもではないですが書ききれないのでここでは日本でのチーズの歴史を紹介します。
チーズといえば牛乳ですが、もともと日本では牛を農耕用に飼うことはあっても、牛乳を搾るという文化はありませんでした。
また、中国大陸から乳製品が持ち込まれていたりということもあったのですが、武士が牛よりも馬を重宝したため文化が育たなかったようです。
そして、江戸時代には白牛酪というバターに似た薬が作られたのですが、
庶民が手にする機会は増えても明治時代まで本格的に普及することはありませんでした。
その後、北海道や樺太での開拓事業が進み酪農家が数を増やしたことでチーズ作りの土台が整えられていったそうです。
日本で本格的にチーズの工業生産が始まったのは1930年代とのことです。
長い歴史を持つチーズですが日本で普及し始めたのは割と最近の話だったんですね。




>>チーズ専門店の中でおすすめはここ!

 
相互リンク開く